クンニ専門店の台頭④ 新橋 Cスタイルとは

前回からの続き

まだまだ黎明期にあるクンニ専門風俗店の中で、頭ひとつ抜きんでているのが東京 新橋に店を構える「Cスタイル」。

この店は「即クンニ&顔面騎乗専門」を標榜しており、2016年のオープンから既に2年以上営業している店です。

そんな店ですから、当然ながら早い段階からネット上で私の視界に入っていたわけです。かといって店に行くわけでもなく、実はしばらくの間、様子見を決め込んでました。

なぜなら以前書いた通り「顔面騎乗専門店」に対しては何となくネガティブな印象をもっていたから。(風俗店で顔面騎乗⑤ – 私のお店候補

この記事にも書いた通り、プレイ内容を顔面騎乗に絞り込むことで客足が伸びず、店の活力が阻害されてるんじゃないか?と勝手に決めつけており、関心はあったものの利用には二の足を踏んでいたのです。

その認識が改まったのは、昨年ツイッターを始めたことがきっかけ。例によって“顔面騎乗”でキーワード検索したところ、Cスタイル在籍のAさんという女性のアカウントを見つけたんです。

かねてから気になっていたお店の在籍女性のアカウントということで、過去分も含めひととおりツイートに目を通してみました。その内容は、真面目な話題からちょっとしたエロまでバラエティに富んでおり、興味をひかれて早速フォロー。

引き続きツイートを眺めているうちに、少しずつその女性に対する関心が高まり、会ってみたいという気持ちになってきました。

そこで改めてCスタイルとは一体どんな店なのか、所在地・プレイ内容・料金・在籍女性等の観点からチェック。

まずは所在地。新橋ですから山手線沿線で行きやすいので何ら問題なし。あえて言えば池袋・新宿・渋谷など西側の方が便利なのですが、普段行かない新橋を開拓するのも悪くない。

続いてプレイ内容。プレイメニューに「顔面騎乗」が明記されており、かつクンニ専門をうたっているので生顔騎(下着越しでない直接顔面騎乗)可能であることは間違いありません。

ただしキスやフェラなどのヘルスプレイは不可、私の好きな乳首舐めもなし、女性は上半身は服を脱がない。クンニ以外でOKなのはハンドサービス(つまり手コキ)のみ、といった具合。

クンニ専門店らしいメニューですがこちらもまあいいでしょう。私の主たる目的は顔面騎乗クンニですから。

そして肝心の料金は、60分14千円+初回指名料1千円(同じ女性の2回目以降の指名料2千円)と、まずまずリーズナブルな設定。ルーム費用が3千円程度とした場合、総額18千円見ておけばよい。

在籍女性は?というと、お目当てのAさん以外にも多数在籍しており、新人もそこそこ入店している模様。ベテラン女性がのさばっている印象はありません。

あと私はヘンテコリンな名前の風俗店が大ッキライなのですが、「Cスタイル」というシンプルかつ短めな良いネーミングで、こちらも合格!

唯一気になったのが「即クンニ」というフレーズ。つまりシャワーを浴びてない女性のアソコをいきなり舐めることができる、というのが売りのようなんですが、私はちょっとそれは勘弁・・・と思ってました。でもサイトを良く見ると「プレイ前に女の子のシャワーご希望の場合は受付の際にお申し出ください」との記述があったので、ひと安心。

それから少し抵抗があったのが、電話予約の際に番号通知を要すること。私は受付があるホテヘルを主に利用していたので、いつも非通知で電話予約してから受付でお金を払ってホテルに向かう、という手順でした。ところがCスタイルは受付のないデリヘル方式なので、番号通知でなければ予約できません。

店側に電話番号を知られることにはなんとなく抵抗があったわけですが、今後の風俗店は箱ヘル・ホテヘルなど受付のあるスタイルから受付なしのデリヘル型に転換していく流れにあるので、「番号通知はヤダ」なんてもはや言ってられまへん。

それに過去にもデリヘルスタイルの店を利用したことがあり、その際も番号通知でしたので初めてというわけでもない。よって番号通知も受け入れることにしました。

ということで、いよいよ店に電話してプレイを予約します。

次回へ続く

クンニ専門店の台頭④ 新橋 Cスタイルとは

シェアする

フォローする