顔面騎乗の実践③ いよいよご対面

前回からの続き

相手の女性と初対面のときというのは、私自身とても不安です。

正直言って心のどこかで怖いという気持ちを常に抱えています。

「ううっ、バックにコワい人がいたらどないしょう~」なんてことまで考えたりして・・・。

もちろんこの不安はいつも杞憂に終わります。コワい人が現れたことなんて実際は一度もなかった。(ま、当然ですな)

そんな風にモヤモヤしながら待っていると、女性から到着のメールが届きます。いよいよご対面の時が近づいてきました。

私は自分の服装や喫茶店での席の位置などを知らせます。そしてしばらく待っていると相手の女性らしき人が現れます。

人の出入りが多い喫茶店だと、女性が入ってくるたびに「むむーっ? あの人か?」と緊張が走る。やはり相手の姿を確認する直前が最も緊張します。

今日来る女性は自分のイメージ通りの人なのか?そうでないのか?相手の目に自分はどう映るのか? といったことをとめどなく考えてしまう。

やがて約束の相手が現れます。店に入ってきてしばらく店内を見渡していたかと思えば、私の姿を認めて近づいてくる人がそう。

そして女性が席に到着し、ついにご対面~。

初めて顔を合わせ挨拶を交わしてしまえば、待っている間の不安はすっかり消えてしまいます。すでに何度もメールをやりとりしているのでスムーズに会話に入ることができるんです。

やはり相手の姿を見て直接会話を交わしてみると、ぐっと親近感が高まりますねー。

女性の方もはじめのうちはやや緊張していますが、会話を重ねるうちに緊張が解けてフレンドリーな雰囲気になってきます。

ここでの会話はたわいもない世間話もあれば、その日のプレイの具体的な話しをすることも。

ある程度その場の空気感ができてきたら「じゃ、そろそろ行きますか」と喫茶店を出てホテルに向かいます。

次回へ続く

顔面騎乗の実践③ – いよいよご対面

シェアする

フォローする