クンニ専門店の台頭⑧ 底知れぬAさんの魅力

前回からの続き

新橋レンタルルームPで始まったAさんとの初めてのプレイ。彼女は私の足の方に向いて顔面騎乗し、裸のアソコを私の顔に乗っけています。

私は舌の表面をクリトリスの包皮に注意深く当てて、しばらくは動かさずにその柔らかい感触をじっくりと舌で味わう。そして舌を上下にゆっくりと動かしながら包皮の味を堪能します。

私の鼻は小陰唇の間の膣前庭部に柔らかく包まれている状態。鼻先を微妙に動かすと、それに呼応するかのように膣口から会陰部にわたる一帯で、早くもヒクヒクとした動きが現れます。私は自分の鼻から額までのゾーンでその動きをキャッチ。

このヒクヒクした女性器の動きが早い段階で現れる人は、たいてい感度抜群の女性。Cスタイルで初めての相手がそのような女性で大変ラッキーです。

その後もクリトリス一帯をパクリと口に含んで軽~く吸ってみたり、レロレロと舌の裏側を這わせてみたり、舌を膣口に挿入してみたりと、女性器を存分に味わいつくします。

顔面騎乗が好きだと言っていただけに、Aさんの座り方は安定感があって、ほどよい重みをしっかりと顔に感じます。私はその心地よい圧迫感を顔全体で受け止めながら、クリトリスを口で、膣前庭部を鼻で、ソフトに刺激し続けました。

やがて快感が高まってきたのか、Aさんの声のトーンが上昇し、少し前傾姿勢になってクリトリス一帯を私の口の中に押し込むような体勢になります。その状態で片方の手で私のチンコの先を握り、親指で亀頭の裏側をニュルニュルと刺激。

実は私、顔に座られるとすぐにチンコの先っちょからガマン汁があふれ出てくる体質なんです、恥ずかしながら・・・。濡れやすい女性というのは可愛らしくて良いと思いますが、濡れやすいオトコというのは一体どうなのか?

それはさておき、Aさんはそんなガマン汁で滑らかになった亀頭の裏側を指でニュルニュルしながら、クリトリスを私の口の中に押しこんできます。彼女も感じている風情ですが、私もとても気持ちイイッ!

実はこれまで女性による手コキを気持ち良いと感じたことはめったにありませんでした。多くの女性は手コキするときの握りが強すぎたり動きが早すぎたりして、痛かったりくすぐったかったりすることが多かったんです。だから私は手コキがあまり好きじゃない。

でも、まれに良くわかっている女性がいて、温かい手で包まれるようなソフトタッチで気持ち良さを感じることもありました。Aさんもきっとわかっている人なんでしょう。

さて次は体勢を変えて、Aさんは仰向けになり上体を少し起こしてM字開脚。私は正面からアソコに口を当て、クリトリスを集中的に舐める。その状態でお互いの目を見つめ合いながら、唇と舌でクチュクチュとクンニを続ける。これは恥ずかしいけど超エロい!

彼女は感じてくると私の手をしっかりと握ってくれます。それが何とも言えず意地らしく、ほだされてしまいます。さらにはクンニの最中に口にする言葉や声のトーンがとにかくもう!艶っぽい。その清楚な雰囲気とのギャップがもうタマラン!

こうして私はAさんとのプレイだけではなく、ちょっとしたしぐさや言葉に秘められた底知れぬ彼女の魅力に引き込まれつつありました。

この瞬間がずーっと続いて欲しいと願うものの、時間は容赦なく過ぎていきます。60分といってもプレイ前後の時間込みですので、実質は50分程度。あっという間に終了時刻となってしまいました。

プレイ後のまったりとした時間の中、しばらく会話する私たち。Aさんからは「とても気持ち良かったです」との言葉。お世辞もあるんでしょうけど、概ね額面通り受け止める素直な私。

私の方も大満足のプレイでした。これを機に私はCスタイルとAさんにハマリます。

次回へ続く

クンニ専門店の台頭⑧ 底知れぬAさんの魅力

シェアする

フォローする